小野たかひとの行政書士短期合格術

小野たかひとの行政書士短期合格術は、おおよそ90日程度の勉強で行政書士資格がゲットできてしまう勉強法として受験生の間で評判となっている勉強法です。

短期間で成果が出るため、学生はもちろん仕事をしながら資格取得を目指す社会人にも利用しやすい教材です。行政書士短期合格術の成果が得られるのは90日、つまり3ヶ月後です。短期間に毎日何時間も勉強するのか…と思われるかもしれませんが、違います。

1日の勉強時間は2時間もあれば充分なのです。



合格に必要な180点を取るのも、それほどの短期間でOKなのです。

小野たかひとの勉強法は、とにかく効率を重視しており、行政書士試験合格のためのポイントをしっかり絞っています。無駄な勉強はキレイさっぱり省き、最短距離で合格を目指すのが小野たかひとの行政書士短期合格術の特徴です。

行政書士合格に必要なのは、たった3つのステップからなります。


初めて行政書士試験に挑戦するという人も、過去の試験に不合格だった人も、このステップ通りに勉強を進めていけば大丈夫です。

実際に小野たかひとの行政書士短期合格術を実践した人たちの体験談を見れば分かります。3つのステップでは、効果的な勉強方法と内容がとても明確に示されています。詳細は公式HPをチェックしてみて下さい。



ただし、非常に効率的とはいえ、難関の国家資格の勉強ですからしっかり、確実に勉強しなければ、

やはり合格は難しい
ですよ。合格への最短距離ですが、しっかりと勉強する意欲と覚悟をもった人の為の勉強です。

なんとなくでこの勉強法を利用して合格してほしくないのが本音です。。

行政書士ってどんな資格?

行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)とは、行政の手続きをするスペシャリストで、法律の専門家でもあり、国家試験に受かることによって取得できる資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)です。

国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)に合格して、日本行政書士会連合会に登録すると、行政書士になれます。同じ法律家でも、弁護士よりも一般的な生活に密着をした法的な手続きをしますから、どちらかというと親しみやすい印象があります。

資格取得しようという人も多く、人気のある資格の一つでしょう。

行政書士の仕事は、許認可系の仕事と法務系の仕事の二つに分けられます。許認可系の仕点としては、建設業許可や一般貨物運送業許可、産業廃棄物処理業許可などの関係の書類作成や提出があります。

法務系の仕事は、定款作成や議事録作成、契約書、遺言書、離婚協議書、交通事故の示談書の作成などで、依頼人からの相談にのることもありますね。ここに挙げたものだけではなく、仕事の範囲はとても広く、いろんな働いていると言えますね。

一般的なイメージとしては、行政手続きの申請書類の代書をする仕事だと認識している方が多いかもしれないですが、それ以外のこともしてますし、仕事の範囲が大変に広いため、一つのことに特化した行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)が多いようです。

小野たかひとの評価
行政書士試験短期合格術
行政書士として独立する
行政書士は独学
志望動機
独学なんて到底不可能
リンク
リンク集1

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード