行政書士として独立する

行政書士として独立するには、大きく三つのポイントがあります。

・独立資金
・開業届
・広告

まず、独立するにあたり、それなりの資金が必要となってきます。ただ、開業するまでの資金だけを計算しても、意味はありません。独立してすぐに、仕事が軌道に乗るとは限らないからです。

独立してからの自分の生活費も考えなければなりません。

軌道に乗るまで大体どれくらいかを考えて、それまでの生活費や事務所の維持費など、トータルで考えなければならないのです。また、開業届そうはいっても、独立して事務所を置く場所の税務署に、開業届を提出する必要があります。開業届を税務署に提出しなければ、開業することはできません。逆に言えば、開業届を提出したら、晴れて個人事業主になるわけです。

お終いに、広告についてですが、独立したら仕事を取らなくてはいけませんので、広告や宣伝してアピールする必要がありますよね。例えば、事務所の看板やホームページから仕事の依頼がくるケースもあるでしょう。看板をちゃんと見ている人や看板で行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)を探している人は、少ないかもしれません。

でも、行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)が必要になった時に、「どこかで見たな・・・」と想い出す人も割と多いのです。それに、近年では、ホームページを作るのは当たり前になってきているんです。インターネット検索で探す人は非常に多いため、ホームページは絶対に作っておきましょう。行政書士として独立するのであれば、この3つは最低限のポイントでしょう。