行政書士は独学?

行政書士の資格試験は、独学(効率よく勉強しないと、見当違いの勉強をしていても誰も注意してくれませんね)と専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時?で、生徒?が常時40人以上いることという規定があります)を比べた場合、やはり専門学校(○○専門学校という学校名ではない専門学校がある反面、まぎらわしい学校名の無認可校もあります。無認可校を卒業しても学歴にはなりませんので、注意が必要でしょう)で勉強した方が合格しやすいと言えるでしょう。

専門学校などで、きちんと勉強した方が試験対策ができると思います。

当り前ですが、独学でも人によっては合格できることもあるようです。どうしても独学で合格したいという人は、時間もかかるわけですし、あまりお勧めはしませんが、挑戦してみるのも良いかもしれません。

独学(学校などの教育施設で先生や講師に教わるのではなく、一人で勉強をすることをいいます)するのなら、できるだけ情報を集めて、無駄のない勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)を心がけると良いでしょう。

専門学校に通う場合、一緒に学ぶ仲間もいるため、心強い部分もあるのです。ただ、どの専門学校を選ぶかにもよりますし、合う合わないもあるなのですよ。講師との相性も大切ですので、じっくりと選んだ方がいいですね。それに、専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業で、生徒?が常時40人以上いることという規定があります)に通うとなると、学費もかなりかかってしまってます。

ですが、お金がかかるだけに勉強に対する意欲が高まりますし、効率良く試験対策出来るようになりました。専門学校に行くだけのお金や時間の余裕がないという場合には、通信教育を利用するという方法もありますから、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。